日本の5つ星ホテルの数はベトナムと同じくらいで、タイやメキシコ、バリ島にも負けている

ちょっとした驚いたのですが、日本の5つ星ホテルの数はタイやメキシコよりもずっと少ないそうです。

年間2400万人の観光客が訪れ、G7の一角をなす「経済大国」であるはずの日本に、タイの4分の1、メキシコの3割しか「5つ星ホテル」が存在しない。

ベトナムとほぼ同じです。

世界139カ国に3236軒の「5つ星ホテル」があります。では日本はどうかというと、日本国内でこのサイトに登録されている「5つ星ホテル」はわずか28軒しかありません。これは、ベトナムの26軒を少し上回る程度です。

 タイと比べると4分の1程度しかなく、バリ島やメキシコにも負けています。

「ひとつの国にある超高級ホテルの数なんてそんなものじゃないの」と思うかもしれませんが、実は外国人観光客が年間2900万人訪れているタイには110軒の「5つ星ホテル」があります。バリ島だけでも42軒です。年間3200万人訪れているメキシコにも93軒の5つ星ホテルがあるのです。

5つ星ホテルを利用する富裕層は、その他大勢の観光客とは使う額が違います。

タイはすばらしい実績を上げています。2900万人の観光客しか来ておらず、物価水準も先進国の半分以下であるにもかかわらず、タイの観光収入をドル換算すると、世界第6位の観光収入を稼いでいる計算になります。

5つ星ホテルの数は観光収入に直結します。

実際、世界各国の国際観光収入と「5つ星ホテル」数の相関関係を分析すると、なんと相関係数は91.1%。極めて高い数値を示します。

少子化で国内市場が縮小し、海外で戦える産業も少ない日本は観光産業に力を入れ、観光立国を目指しています。そんな国の5つ星ホテルの数がタイの4分の1、メキシコの3分の1、バリ島にある5つ星ホテルの数よりも少なくて、ベトナムと同じ程度、というのは問題じゃないか?

出典: 外国人が心底失望する「日本のホテル事情」 | レジャー・観光・ホテル | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準