人工知能で「がん」見極め 病変の発見率は98%

国立がん研究センターNEC人工知能を使って大腸がんを発見するシステムを発表しました。

使われている人工知能は、正常な大腸の画像と大腸がんの画像など合わせて14万枚をディープラーニングという最新技術を使って学習していて、98%の確率でがんを見つけることができるということです。

医師が大腸がんの内視鏡検査を行う際に、内視鏡の画像をリアルタイムで解析、モニター上でがんが疑われる箇所を指摘します。

医師は人工知能が指摘した箇所を注意深く観察することで、がんを診断することができます。

AIが人間の視覚をサポートすることにより、内視鏡医の検査の質を向上させることが期待でき、大腸内視鏡検査の経験が浅い医師なども、肉眼で発見したポリープ以外にAIが指し示す部位があればその部位をよく観察することができるとしている。

肉眼の検査だけでは見逃してしまいがちな、平坦な病変の発見も可能です。

人工知能を活用することで、発見の難しい大腸がんを見逃してしまうリスクを低減することが可能です。

国立がん研究センターによりますと、海外では、大腸がんの内視鏡検査でがんを24%見落としたという報告があるということで、2年後をめどに臨床試験を行い、実用化を目指したいとしています。

大腸がんによる死亡者数は年間およそ5万人と、がんの中で2番目に多くなっています。

がんの診断ができる内視鏡医の数は全国的に不足しており、見逃しやすいがんを発見できるかどうかは医師個人の経験によるところが大きくなります。

人工知能を活用して人間をサポートすることで、全国どこでもより高度ながん診断を受けることが可能になります。

出典