雨の匂いの正体は土の中の細菌が作り出す物質で、一種のカビの匂い

雨が降りはじめたころ、独特の匂いを感じて、「あっ、雨の匂いだ」と思うことがあります。

この「雨の匂い」、実は、科学的な正体があります。

まず、「雨の匂い」は「雨水」の匂いではありません。「水」にはほとんど匂いがありませんので。

雨の匂いの正体は、土の中の細菌、一緒のカビが作り出す「ジオスミン」という物質と、植物が日照りから身を守るために生成する油の一種「ペトリコール」という物質です。これらの物質が、降りはじめの雨が地面の熱で蒸発する水蒸気ととともに、空気中に漂うことで、「匂い」として感じ、「あっ、雨の匂いだ」となるのです。

ジオスミン
土の中の細菌が作り出す物質で、一種のカビの匂いでもあります。
雨が近づき湿度が高くなると細菌は反応して活動が活発になります。
そうすると細菌はこの物質を作り出し、この匂いが土の中から漂ってきます。
ギリシャ語で「大地の匂い」という意味だそうです。

ペトリコール
日照りが続くなど植物にとって過酷な状況になった時に植物が発生する油の一種。
植物の周りの土や石に付着しており、この物質は雨が降ると蒸発した水蒸気とともに空気中に広がります。
ギリシャ語で「石のエッセンス」という意味があります。

出典: 北海道 雨の匂いの元は(日直予報士) - 日本気象協会 tenki.jp