オリーブオイルは美容だけではなく記憶力向上やアルツハイマー病の予防にも効果があることが判明

エクストラバージンオリーブオイルに記憶力を向上させる効果がある、という論文が米神経学会のオンライン学術誌に掲載されました。

3カ月後と6カ月後に記憶力と学習能力を調べる認知機能テストを実施したところ、オリーブオイルを与えたマウスのほうがはるかに好成績を上げた。その後マウスの脳組織を調べた結果、著しい違いが見られた。オリーブオイルを与えたマウスはそうでないマウスに比べてアミロイド斑が少なく、ニューロン神経細胞)の見た目も機能も大きく違っていた。

さらに、オリーブオイルはアルツハイマー病の予防や治療にも効果がある可能性があります。

シナプスニューロン同士の結合部)もオリーブオイルを与えたマウスはよく保たれていて、「オートファジー(自食作用)」も活性化していた。細胞内の不要なタンパク質を分解・再利用するオートファジーは、アミロイド斑など脳内のゴミや有害物質を除去するのに効果的なプロセスで、それが活性化したというのは重要な発見だ。

オートファジーの活動低下はアルツハイマー病発症に関連があるとみられており、それを予防する仕組みを突き止めれば治療法の開発に役立つと研究者らは期待している。

出典: 認知症予防は「万能」オリーブオイルで | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト