IMF本部、今後10年で北京に移転の可能性も

国際通貨基金IMF)のラガルド専務理事は、IMF本部が今後10年で北京に移転する可能性について言及しました。

「10年後にはワシントンではなく、北京本部でこうした会話を交わしているかもしれない」

IMFの本部は、加盟国で最も経済規模が大きい国に置くことになっています。

1945年のIMF設立以来、加盟国で最も経済規模が大きいアメリカのワシントンに本部が置かれてきました。

多くのエコノミストは、中国が今後10年以内に中国がGDPで米国を抜き、世界最大の経済国になるとの見方を示しています。

エコノミストは、中国が向こう10年以内に国内総生産(GDP)で米国を抜き、名目ベースで世界最大の経済国になるとの見方を示している。

IMF世界銀行と共に、国際金融秩序の根幹を成す組織です。

各国の中央銀行の取りまとめ役のような役割を負う。世界銀行と共に、国際金融秩序の根幹を成す。