日本語で開発要件を正確に伝えるのは難しい

日本でもグローバルなチームが増えてきました。

社内のコミュニケーションは英語ベースでも、クライアントは日本の企業なので、社外の打ち合わせは日本語のことが多いです。

そんな時、よく起きるのが「言葉」の問題です。正確に言うと、「日本語の曖昧さ」の問題です。

f:id:teamq:20170809111132p:plain

断り文句としてよく登場する、「ちょっと難しいですね。」ですが、これは日本独特の断り方です。

海外から来ている人は、「ちょっと難しい」程度なら、挑戦すればできるのかな?と捉えてしまいます。

欧米や中国では「できない」とストレートに言うのが一般的です。

日本語は「曖昧な言葉」が多いということを意識しましょう。

出典: 日本語で開発要件を正確に伝えるのは難しい | エンジニア夫婦の「あるある日記」 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準