プールで泳いだら目が赤くなる原因 実は塩素ではなく、塩素と尿素の化学反応で生成される物質だった・・・

プールで泳いだら目が赤くなる原因は、塩素ではなく、塩素と尿素の化学反応で生成される物質、クロラミンが原因でした。

クロラミンは塩素と尿素が反応して生成されます。

犯人は「クロラミン」と呼ばれる化学物質で、それは塩素が窒素を多く含むアンモニアやそれに似た体液の混合物に反応することにより形成されます。

プールで目が赤くなったり、痒くなるのは、塩素ではなく、クロラミンが主な原因です。

この「クロラミン」こそが目に不快を生じさせるのであって、プールを綺麗にするために加えられた薬品が原因ではないのです。

尿素は人の尿、汗に含まれています。つまり、あなたが入ったプールには、化学反応を起こすのに十分な量の尿や汗が含まれていた、ということです。

あなたが1時間ほど前まで浸かっていた水の中に、十分な量の尿、汗、または大便が含まれていたという証拠です。

出典: プールで泳いだら目が赤くなる原因 実は塩素ではなく… - ログミー