テイラー・スウィフトが「セクハラ訴訟」で求めたのは1ドル

テイラー・スウィフトがセクハラを受けたとして、元ラジオDJに対して訴訟を起こしています。

発端となった出来事は、2013年6月、コンサートのステージ裏交流会の時に起きた。スウィフトさんの主張によると、この交流会での記念撮影でミューラーさんは、スウィフトさんのスカートの下に手を入れてお尻をつかんだという。

テイラーが訴訟で要求しているのは、たったの1ドル。「女性がちゃんと声を上げられることを示したい」と訴訟に踏み切った理由を説明しています。

スウィフトさんが今回の訴訟でミューラーさんに要求しているのは、たったの1ドルだ。その理由についてスウィフトさんは、「女性がちゃんと声を上げられることを示したい」と、弁護人を通して説明していた。

出典: テイラー・スウィフトさん、1ドル求める「セクハラ訴訟」で有利に。DJ側の訴えが棄却される